ここから本文です

長友が再び居場所を失う?インテル、冬にユヴェントスからリヒトシュタイナー獲得か

GOAL 9月14日(水)12時26分配信

インテルが今冬の移籍市場で、ディフェンスラインに多額の資金をつぎ込む可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』のパスクアーレ・グアッロ記者が同サイトのコラムで論じている。

シーズンが開幕して間もないが、インテルのディフェンスラインは機能してるとは言いがたい。特にサイドバックは顕著で、新戦力として夏の移籍市場で獲得したクリスティアン・アンサルディはケガで1試合も出場できておらず、フェネルバフチェから自由移籍で加入したトルコ代表ジャネル・エルキンに至っては加入後わずか3ヶ月で退団した。

グアッロ記者は、「ストライカーのマウロ・イカルディにはもっとクロスを供給しなければいけない。ダニーロ・ダンブロージオ、長友佑都といった選手たちも違いを生み出すには至っていない」とサイドバックにインテルの不調の原因があると分析した。

そうした状況を打破するため、同記者は「インテルは今冬、守備陣の強化に動くだろう。ピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)は、今夏の移籍市場でユヴェントスのDFシュテファン・リヒトシュタイナーを狙っていた。同様の動きがあるかもしれない」と指摘している。

イタリアでの経験が豊富なリヒトシュタイナーだが、今シーズンはダニエウ・アウベスの加入でバックアッパーへと追いやられており、チャンピオンズリーグの登録メンバーからも外れている。

長友は厳しい立場に幾度となく追いやられては、逆境をはねのけてきた。しかし、王者ユヴェントスから歴戦の猛者が加入するとなると、難しい時間を過ごすことになる可能性があるだろう。

GOAL

最終更新:9月14日(水)12時26分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。