ここから本文です

<ラブリ>美と健康は自然体で 「頑張りすぎず、気合いも入れず」

毎日キレイ 9月15日(木)12時0分配信

 モデルでタレントのラブリさんが、初めての写真詩集「愛は愛に愛で愛を」(宝島社、1400円・税抜き)を発売した。10代の頃から言葉を書くことが自然だったというラブリさんが「私の存在そのもので、私の心そのもの」という同作品や、休日の過ごし方、美容法について聞いた。

【写真特集】ラブリのキュートなブラックコーデ! 青×黒のパンプスがポイントになった全身ショットも

 ◇タイトルは撮影の前日に「浮かんできた」

 同作品の中にある詩は「産みの苦しみは全くないです。ただ感じたものを書いている。考えもしますけれど、あんまり意識しないですね」というラブリさん。同作品のタイトルは「(撮影の)前日に、寝る前に浮かんできた」といい、「いきなり、浮かんでくることが多いんですよ、それをメモしてふくらますことが多い」と明かす。

 タイトルを含め、同書に何度も登場する言葉は「愛」。「愛」は、ラブリさんの根底にあるといい「常に愛を持って人と接する、ベースにそういう感情がある。誰一人として決めつけずに接せられるように意識して気をつけています」と語った。

 ◇常に自然体 美と健康の秘けつは「無理しない」

 モデルの仕事や創作活動など、多忙な毎日を送る中、休日は「(前日は)夜遅くまで起きていて、目覚ましをかけずに寝て、朝ゆっくり起きる。洗濯や掃除とかをして、お昼は好きな物を食べて……」と、ごく普通。「頑張りすぎず、気合いも入れず」と常に自然体だ。

 美容と健康のための習慣は「朝からホット青汁を飲んで、フルーツを取って、お昼ごはんは自由。夜は炭水化物を取らない」とシンプルなルール。「溶岩浴とか酵素浴に行って、汗を定期的に出しています。最近、ハマっているのはモロッコの美容法のハマム浴。ヨモギ蒸しのような感じで、ヘッドマッサージをされるのが好き」と笑顔で明かした。

 そして「(秘けつは)無理しない、ですね。食べるのも、みんなとお酒を飲むのも好き」といい、自分へのごほうびは「ピザを食べたり、フライドポテトを食べたり、普段しないことをします。テンションが上がりますね。冷凍庫の中にアイスクリームも入っています!」とちゃめっ気たっぷりに語った。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)12時0分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。