ここから本文です

英企業に採用落ち込みの「前兆」=マンパワー調査

ロイター 9月14日(水)2時34分配信

[ロンドン 13日 ロイター] - 人材派遣・就職支援サービス会社マンパワー・グループ<MAN.N>は13日、英国企業の第4・四半期の採用見通しを発表した。採用動向に大きな影響を及ぼす金融・企業向けサービスと建設、公益事業で、採用意欲を示す指標がそれぞれ4ポイント低下した。

マンパワーは英国の雇用市場全体が落ち込む「前兆」かもしれないと警告している。

今回の調査は英国が6月に欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を決めて以降初めてで、2000社を対象に調査した。貧困度合いの高い地域の方が指数の落ち込みが大きく、ウェールズと北アイルランドでは第3・四半期と比べて6%下がった。一方、スコットランドは2%の低下にとどまった。

全体をならしてみると、企業は第4・四半期に解雇数を上回る人数を採用する方向だ。ロンドンやイングランド北西部で企業の採用意欲が増したほか、業種別では農業やホテル、小売業で採用予定が増えていることが寄与し、全体の企業採用見通し指数は横ばいのプラス5%となった。

英国の失業率は過去3年間で大きく低下したが、ブレグジットに伴う先行き不透明感から向こう数カ月から数年の間、再び上昇する見込みだ。

ポンド安の影響で競争力が向上するはずの製造業の採用意欲は2ポイント下がり、3年ぶりの低い水準となった。

マンパワー・グループは、調査は「英国の雇用市場に厳しい試練が待ち受けているという致命的な警告だ」とした。

英国担当を率いるマーク・カーヒル氏は「ブレグジットによる最初のショックを経て、経済の先行き不透明感が長引く新たな局面を迎えた」との声明を出した。

EUの単一市場から英国が離脱することで、EUで事業を展開する英企業は新たな障壁に直面することとなるかもしれない。

最終更新:9月14日(水)3時48分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]