ここから本文です

ぱるる 本当にAKB卒業?「次に進むことに決めた」意味深CMでファンが動揺

東スポWeb 9/14(水) 10:09配信

 AKB48グループメンバーがカフェスタッフを演じる「バイトル」の新CM「卒業前」篇(12日から全国放映中)がファンの動揺を誘っている。主役の「ぱるる」こと島崎遥香(22)がCMでバイトからの卒業を宣言したのだが、どこか吹っ切れた姿を見たファンから「本当にAKBを卒業するのでは?」という声が噴出しているのだ。

 同CMは「この経験が夢につながる」がコンセプト。アルバイトでさまざまな仕事にチャレンジすることを通じ、自分の夢をかなえるために新しい決意をしたスタッフと、スタッフを支える同僚の姿を描くドラマ風の作品となっている。

 CMには、アルバイトの先輩役を演じる島崎、後輩役のHKT48の宮脇咲良(18)など、8人のメンバーが出演。宮脇が島崎に、涙を流しながら「ぱるるさん、辞めちゃうんですか…?」と聞くという、ファンにとってはドキッとするセリフから始まる。これに対し島崎はCMの後半、すがすがしい表情を浮かべながら「辞めるんじゃなくて、卒業だよ。次に進むことに決めた」とのセリフで答えている。

 まるで島崎が本当の心情を明かしたかのようなセリフに、CMを見たファンから「ぱるるが本当に卒業するのでは!?」との声が噴出している。しかもこの声は「あながち推測とは言い切れない」とも言われている。

「というのも島崎は最近、何度も卒業を考えていたことを告白し、同期で総監督を務める横山由依が泣きながら引き留めたことも明らかになった。さらに最近の島崎は女優として演技力を評価されており、10月からテレビ朝日系連続ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』の主演も決定した。AKBから抜けても1人で十分やっていけると言われ、近々の卒業発表がささやかれています」(アイドル誌編集者)

 島崎は今年3月まで放送された、AKB48グループメンバー41人が各話で主演を務める1話完結ドラマ「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」で、視聴者&審査員投票で第1位を獲得した。

 また日本テレビ系で放送された4~6月期の連続ドラマ「ゆとりですがなにか」で演じた主人公の妹・ゆとり役が好評だった。

「バイトルのCMでは、過去に小嶋陽菜が言った『やっぱり私、卒業するわ』というセリフが話題になったことがある。これは“今までのバイト探しから卒業して、スマホでバイト探しをする”というオチだったのですが、当時も『ついに卒業か?』とファンの間で騒ぎになった。その小嶋は今年の総選挙で、実際に卒業発表しましたからね。『次はぱるるか…』という声が出るのも当然なのかもしれません」(AKB関係者)

 15日には神奈川・横浜アリーナで、6月に行われた選抜総選挙ランクインメンバー80人による「AKB48グループ同時開催コンサートin横浜~今年はランクインできました祝賀会~」が開催され、8位に入った島崎も出演する。

 ここで“卒業発表”なんてこともあり得るかもしれないが、果たして…。

最終更新:9/14(水) 10:13

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]