ここから本文です

3年連続で1倍超 静岡県内高卒求人、8年ぶり1万人上回る

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月14日(水)8時21分配信

 静岡労働局が13日発表した来春の静岡県内高校卒業予定者の求人・求職状況(7月末現在)によると、求人倍率は1・67倍で、前年同期を0・27ポイント上回った。1倍を超えたのは3年連続。就職を希望する生徒数は1・5%減の6911人。16日から選考が始まる。

 求人数は前年同期比18・1%増の1万1568人。景気の回復基調を受けて8年ぶりに1万人を上回り、リーマン・ショック前の1万3千人台に迫った。

 求人の業種別では、主要産業の製造業が12・1%増の4807人。医療・福祉が13・9%増、卸売・小売業が12・7%増といずれも伸びが目立った。

 求人倍率の地域別では、東部が1・71倍、中部が1・75倍、西部が1・60倍。前年同期比で0・23~0・4ポイント上昇した。

 厚生労働省が同日発表した全国の高校生の求人倍率は、7月末現在で1・75倍。前年同期比0・21ポイント増で、6年連続の改善。1994年卒の1・98倍に次ぐ水準だ。求職者がわずかに減った一方、求人数が大きく伸びた。

静岡新聞社

最終更新:9月14日(水)8時21分

@S[アットエス] by 静岡新聞