ここから本文です

フェルスタッペンにチャンス!F1シンガポールGP

TopNews 9月14日(水)21時31分配信

元F1ドライバーのロバート・ドーンボスは、今週末に行われるF1シンガポールGP(18日決勝)では後輩ドライバーにあたるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に優勝のチャンスがあるはずだと考えている。

■昨年は謎の失速を喫したメルセデスAMG

今年も圧倒的な強さを誇っているチャンピオンチームのメルセデスAMGだが、昨年はナイトレースとして開催されているシンガポールGPでは謎の失速を喫し、2015年に予選で最前列を確保できなかった唯一のレースとなっていた。そして、決勝でも2台ともに表彰台を逃している。

そのシンガポールGPを迎えるにあたり、事実上のチーム代表であるトト・ヴォルフ(ビジネス担当エグゼクティブディレクター)は次のように語った。

「今ではその理由も理解できていると信じている。だが、その結論が正しかったと証明できるのはサーキットでのパフォーマンスだけだ」

■シンガポールではレッドブル有利か

そのヴォルフは、シンガポールGPの舞台となるマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットの特性は、大きなダウンフォースを得るという設計理念に基づくクルマに合うだろうと語り、現在チーム別ランキング2番手につけているレッドブルのほうがこのサーキットでは力を発揮するのではないかと示唆している。

さらに、レッドブルはシンガポールに向けてさらに改良パーツを投入してくると見られており、マリーナ・ベイではメルセデスAMGとレッドブルの差がかなりきっ抗するか、場合によっては逆転してくるだろうと考えている者も少なくない。

フェルスタッペンと同じオランダ出身のドーンボスは『Ziggo Sport Totaal(ジッホ・スポルト・トタール)』に次のように語った。

「シンガポールはレッドブルにとっていいサーキットだ」

「あそこでは大きな空力効果とメカニカルグリップが必要となる。それはレッドブルのクルマが優れている部分だ」

「ルノーもシンガポールに改良エンジンを投入してくるし、それによってマックスはさらに15馬力の追加パワーが得られるし、1周あたりコンマ数秒の短縮が期待できる」

■フェルスタッペンの勝利を期待するドーンボス

そう述べたドーンボスは、次のように付け加えた。

「マックスは市街地サーキットが大好きなんだ。モナコではミスをしてしまったものの、昨年のシンガポールでは無線で(チームからチームメートのサインツに順位を譲るよう指示されたときに)「ノー!」と叫びながらものすごいレースをしてみせた。今年は表彰台の上で彼が「イエス!」と言えることを期待しているよ」

最終更新:9月14日(水)21時31分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]