ここから本文です

【タイ】東レが10月からPPS樹脂生産、タイ初

NNA 9月14日(水)8時30分配信

 東レは13日、高機能樹脂スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)の一種であるポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂コンパウンドの生産をタイで10月から開始すると発表した。タイで初のPPS樹脂生産となる。約5億円を投じて設備を新設。自動車部品などで高まる東南アジア諸国連合(ASEAN)需要の取り込みを加速する。
 タイ法人タイ・トーレ・シンセティクス(TTS)の樹脂コンパウンド拠点であるバンコク工場に年産能力3,000トンのPPS樹脂の生産設備を導入する。これまでは日本や中国からの輸入でASEAN需要に応えていたが、現地生産により安定供給を図る。同工場には樹脂テクニカルセンターを2013年に開設していた。
 PPS樹脂はスーパーエンプラの中でもとりわけ耐熱性に優れ、耐薬品性や機械的強度、難燃性でも優位。自動車の電装部品や電機・電子機器、OA機器、住設関連部品などに使用される。
 東レは世界最大のPPS樹脂メーカー。今年4月には韓国で原料からの一貫生産を開始しており、全体の年産能力は2万7,600トンとなった。

最終更新:9月14日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。