ここから本文です

関西・私立大学人気ランキング2016…受験者数・合格倍率・辞退率

リセマム 9/14(水) 16:15配信

 私立大学一般入試が本格的にスタートするのに先駆けて、リセマムでは2016年度の入試結果から関西・私立大学の受験者数や合格倍率、入学辞退率まとめてみた。

関連画像を見る

 関西の私立大学から、募集人数が1,000人を超える学校として、近畿大学、関西大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、甲南大学、龍谷大学について、2016年度入試の受験者数、合格倍率、入学辞退率を比較した。

 受験者数でみると、1位は近畿大学、2位は立命館大学、3位は関西大学という結果となった。

 合格倍率は4.5の近畿大学が1位、これに4.3倍の龍谷大学と関西大学が続く。

 入学辞退率(合格者数と募集人員との差の、合格者数に対する割合)がもっとも低かったのは関西大学(72.2%)、2位は甲南大学(75.4%)、3位は関西学院大学(75.7%)。

 入学辞退率(合格者数と募集人員との差の、合格者数に対する割合)がもっとも低かったのは甲南大学(75.4%)、2位は関西学院大学(75.7%)、3位は龍谷大学(76.0%)。

 各項目のトップ5は以下のとおり

◆受験者数トップ5
1 近畿大学
2 立命館大学
3 関西大学
4 同志社大学
5 龍谷大学

◆合格倍率トップ5
1 近畿大学
2 龍谷大学
2 関西大学
4 京都産業大学
5 甲南大学

◆入学辞退率(低い順)トップ5
1 甲南大学
2 関西学院大学
3 龍谷大学
4 同志社大学
5 関西大学

 なお、大学は編集部が独自にピックアップしたもの。各数値は代々木ゼミナールがWebサイトで公開している「2016年度入試結果」を参考にした。

※お詫びと訂正(2016年9月29日):初出時関西大学の合格者数に誤りがあり、訂正しました。またこれに関連して合格倍率と入学辞退率も訂正しました。

《リセマム 上野由貴》

最終更新:10/13(木) 11:35

リセマム