ここから本文です

妙高・ハイヤー協会 ラッピング車両を運行開始

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9/14(水) 13:43配信

 妙高市ハイヤー協会は12日、妙高山など市内の名所をラッピングしたタクシーの運行を始めた。上越市ゆかりの戦国武将上杉謙信から与えられたとされる関山神社の龍旗の絵もあしらった。ハイヤー協会では、タクシーから観光情報を発信し、観光窓口の役割を果たしたいとしている。

 ハイヤー協会が妙高市観光推進協議会と連携した。協会加盟3社の車両各1台をラッピングした。

 車両の両側面にそれぞれ秋と冬の妙高山をあしらい、国立公園に広がる豊かな自然をPRしている。またアパリゾート上越妙高のイルミネーションの写真もある。車内には、市内の観光名所を記したパンフレットを置いた。

 えちごトキめき鉄道新井駅前で行われた出発式で、協会の幸村信太郎代表は「安全運転に加えて観光情報の発信にも努め、誘客に貢献したい」と話した。

最終更新:9/14(水) 13:43

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ