ここから本文です

小栗旬が「殺してやる」と狂気の表情浮かべる「ミュージアム」予告編

映画ナタリー 9/14(水) 8:00配信

小栗旬が主演、大友啓史が監督を務める「ミュージアム」のポスタービジュアルが解禁され、予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

巴亮介の同名マンガを原作にした「ミュージアム」は、雨の日にマスクを被って犯行を起こす“殺人アーティスト・カエル男”の連続猟奇殺人を描いたサイコスリラー。カエル男の捜査を担当する刑事・沢村久志が、絶望的な状況に陥っていくさまを追う。小栗が沢村を演じ、その脇を尾野真千子、野村周平、大森南朋、松重豊らが固める。

約1分半の予告編は、「ドッグフードの刑」「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」などと名付けられた残虐な刑によって殺された、カエル男の犠牲者たちの姿を収録。映像の半ばからはロックバンド・ONE OK ROCKによる主題歌「Taking Off」が流れ、野村演じる後輩刑事・西野が沢村の目の前でビルの屋上から落とされるシーンが挿入される。妻を巻き込んだカエル男に対して、狂気の表情を浮かべた沢村が「殺してやる」と言い放つ場面も。

「ミュージアム」は11月12日より全国ロードショー。なお本作は、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭のオフィシャル・コンペティション部門、第21回釜山国際映画祭のミッドナイト・パッション部門に出品されるほか、第29回東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれている。



(c)巴亮介/講談社 (c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

最終更新:9/14(水) 8:00

映画ナタリー