ここから本文です

BURRN!の人気コラム、立川談四楼「そこでだ、若旦那!」が単行本で発売

CDジャーナル 9月14日(水)17時14分配信

BURRN!の人気コラム、立川談四楼「そこでだ、若旦那!」が単行本で発売

BURRN!の人気コラム、立川談四楼「そこでだ、若旦那!」が単行本で発売

 オーディオブックも好評のエッセイ・シリーズ「声に出して笑える日本語」や、「シャレのち曇り」などの著作でも知られる“作家でもある落語家”こと立川談四楼が、ヘヴィ・メタル専門誌「BURRN!」で連載している人気コラムを単行本としてまとめた「そこでだ、若旦那!」(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)が9月30日(金)に発売されます。

 本書は、その時々で話題となっているトピックを独自の視点で取り上げた時事コラム「そこでだ、若旦那!」から落語の話題を中心に選び、加筆訂正を加えて一冊にまとめた“落語界の内幕暴露本”とも言える内容に。落語界で巻き起こったさまざまな出来事の裏事情に触れ、第三者では知る由のない、演者側の視点から鋭く切り込んでいます。

最終更新:9月14日(水)17時14分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。