ここから本文です

少年とドラゴンの友情描くディズニー最新作「ピートと秘密の友達」12月公開!

映画.com 9月14日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] ひとりぼっちの少年とドラゴンの友情を描いたディズニー映画「ピートとドラゴン(仮題)」が、「ピートと秘密の友達」の邦題で12月に公開されることが決定した。あわせて、木の陰にひっそりと隠れる少年とドラゴンを描いたポスター画像と、予告編がお披露目された。

【動画】「ピートと秘密の友達」予告編

 映画は、1977年に公開されたディズニーのミュージカル映画「ピートとドラゴン」をリメイクしたもの。事故で両親を失ったピートは、森で心優しいドラゴンに出会う。ピートはドラゴンをエリオットと名づけて秘密の友だちになり、6年間も人間と関わらずに深い森で生きてきた。ピートにとって毎日が冒険で夢のような日々だったが、ある日、森林警備員のグレースと出合ったことでエリオットの存在が人間に知られてしまう。

 主人公のピートに扮するのは、今作が映画初出演となるオークス・フェグリー。世界中でオーディションが行われ、数万人の子どもたちのなかから見出されたシンデレラボーイだ。そんなピートを森で見つけるグレース役には、「ジュラシック・ワールド」のブライス・ダラス・ハワード。さらに、グレースの父ミーチャムを名優ロバート・レッドフォードが演じている。新鋭・デビッド・ロウリーがメガホンをとり、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ3作すべてでアカデミー視覚効果賞を受賞したWETAデジタルが視覚効果を担当している。

 予告編は、グレースがピートから聞いたドラゴンについての話を父親に話す場面から始まり、グレースらが森でエリオットに会う緊迫したシーン、ピートがエリオットの緑色の体をなでる姿、エリオットの大きな手が優しくピートを抱きしめる様子などが収められている。映像の最後には、森から出て道を駆け抜けるエリオットと、「逃げろ!」と叫ぶピートが映し出され、2人の友情の行く末が気になる仕上がりとなっている。

 「ピートと秘密の友達」は、12月23日から全国で公開。

最終更新:9月14日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。