ここから本文です

<松岡修造>デビスカップ・ワールドグループ残留に向けて “チーム力”が一番大事

まんたんウェブ 9/14(水) 20:01配信

 世界ランク5位(12日現在、以下同)に浮上した錦織圭選手らが出場する男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」。3月に行われた同大会のワールドグループ1回戦で、前年優勝国の英国に敗れ準々決勝に進出できなかった日本チームは、16~18日にワールドグループ残留を懸けてウクライナと対戦する。同試合の模様はWOWOWで全試合生中継。解説を務める元プロテニス選手の松岡修造さんに、ウクライナの選手の分析や試合の見どころなどを聞いた。

【写真特集】松岡修造、猛暑は「僕のせいじゃない」

 「デビスカップ」は、100年以上の歴史を持つ大会で、ワールドグループは参加135カ国中、上位16カ国のみが参加できる。3年連続でワールドグループ残留を目指す日本と、ワールドグループ入りを目指すウクライナが対戦。日本は錦織選手のほか、西岡良仁選手、ダニエル太郎選手、杉田祐一選手の4人が出場。ウクライナは、世界ランク50位のイリヤ・マルチェンコ選手らで構成されている。試合は、靱(うつぼ)公園センターコート特設会場(大阪市西区)で行われ、2014年のチェコ戦以来のホーム開催となる。

 ――ウクライナ戦は、日本テニス界にとって、どのような一戦となるでしょうか。

 非常に大きな一戦という次元を超えるくらいの、大事な大事な試合です。なぜなら、ここで負けてしまって下部のアジアグループに落ちてしまうと、世界的に見ても、世界ランクトップの選手は出場しないことが多いので、錦織選手も必ず出場するとは限りません。そうすると僕が味わってきた時のような、ずっとアジアグループで苦しんでもがくという時代がやってきてしまう可能性がある。この数年、ワールドグループという夢の舞台でいろいろな国で試合をやらせてもらっています。どんなことをしてでも手放してはいけない。しかも、昨年プレーオフで対戦したコロンビアと同じく、プレーオフの中では比較的組み合わせには恵まれています。ここでもう一度生き残る。そのためにはやっぱり錦織圭の力が必要ですね。

1/2ページ

最終更新:9/14(水) 20:01

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]