ここから本文です

<妻夫木聡>恋人役を演じた綾野剛とがっちり抱擁 「剛がいたからこそ…」

まんたんウェブ 9月14日(水)20時34分配信

 俳優の妻夫木聡さんが14日、東京都内で行われた映画「怒り」(李相日監督)のジャパンプレミアに主演の渡辺謙さんや共演の綾野剛さん、宮崎あおいさん、広瀬すずらさんらと出席。劇中で同性愛者の恋人役を演じた妻夫木さんと綾野さんは、役作りのため、実際に同棲(どうせい)したといい、綾野さんが「(演じた)直人がああして存在できたのは妻夫木さんのお陰だと心からそう思うし、妻夫木さんとの生活は非常にいとおしい時間だった」と振り返ると、妻夫木さんは「剛がいたからこそ(演じた)優馬でいることができた」と感謝。さらに同作について、「大事なことを教えてくれる映画。とにかく自分にとって一番大切な人に見に来てもらいたい」とアピールしていた。

【写真特集】渡辺謙に妻夫木、綾野剛、広瀬すず…豪華な顔ぶれにクラクラ

 同作は、先日、トロント国際映画祭にも出品された。現地で観客と一緒に映画を見て涙を流したという渡辺さんは、「自分の出ている映画で泣いちゃうのはおかしいけれど、それがトロント国際映画祭の僕の大きな収穫だった。それをお届けできることに心からうれしく思っている。ご覧いただければ、何かを受け取っていただける映画に確実になっている」と熱くアピールした。

 映画は、吉田修一さんの小説(中央公論新社)が原作。八王子で凄惨な夫婦殺人事件が起き、殺害現場に「怒」という血文字が残されていた。犯人は顔を整形し、逃亡を続ける。事件から1年後、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れて……という内容で、千葉の漁港で働く洋平(渡辺さん)、東京の大手広告代理店で働く優馬(妻夫木さん)、沖縄に引っ越ししてきた泉(広瀬さん)を中心とした三つの群像劇が展開される。17日公開。

 イベントには松山ケンイチさん、森山未來さん、李監督も出席。また、公開を間近に控えた感想について、松山さんは「もうすぐ公開なので、皆さんがどういう反応をするか楽しみ。この試写会にはだいたい5000人の方が来ていると思うので、1人が2000人の方に紹介していただければ1千万人になると思う。宣伝していただいて、僕も頑張りますので」と語り、会場の笑いを誘った。

最終更新:9月16日(金)21時12分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。