ここから本文です

篠原涼子、母と娘一人二役に挑戦! SPドラマ「愛を乞うひと」

cinemacafe.net 9月14日(水)14時21分配信

女優・篠原涼子が、この冬放送のスペシャルドラマ「愛を乞うひと」で7年半ぶりのスペシャルドラマ主演が決定。また本ドラマで篠原さんは初の一人二役に挑戦することも分かった。

【画像】篠原涼子

山岡照恵は、高校生の娘・深草と2人暮らし。ある日、照恵は生き別れた弟・武則との再会をきっかけに記憶の底に押し込めていた凄惨な幼少時代を思い出していく。さらに、照恵は深草の後押しもあり、亡くなった父親の遺骨を探しに父親の故郷・台湾へと渡る。そして照恵は、いままで知らなかった母親の真実と向き合うこととなる――。

原作は下田治美の同名小説。「母娘の絆」をテーマにした究極のヒューマンドラマ。幼少時代に母親から凄惨な虐待を受け、愛に飢えていたひとりの女性が、本当の自分を取り戻していくストーリーで、「愛すること」とは何かを問う。過去には1998年に原田美枝子主演で映画化され、日本アカデミー賞最優秀作品賞ほかブルーリボン賞、モントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞などを受賞している。本ドラマでは、現代の照恵を軸に、幼少時代の回想シーンも並行して描いていく。

今回篠原さんは、主人公・照恵と、照恵の幼少時代に虐待を続けた母親・陳豊子、“愛し方を知らない母”と“愛され方を知らない娘”の一人二役に初挑戦。ヒロインの照恵は、母・豊子から虐待を受けていた過去を持ち、どこか控えめな女性。一方の豊子は、結婚・離婚を繰り返し心がもろく、娘を虐げることで何とか己を保っている人物。豊子においては、篠原さんがこれまで演じたことのない気性の激しい難役で、劇中ではハードなシーンも。物静かな照恵と攻撃的な豊子という両極端な2役を、どのように演じ分けるのか見どころだ。

映画版を観て衝撃を受け興味を持ったと語る篠原さんは「役者さんという仕事を続けていられるのであれば、いつかめぐりあってみたい作品でしたので、出演が決まったときは、とても嬉しかったです。いまの世の中で意義のある作品だと思いますし、視聴者の皆さんの琴線に少しでも触れられるように、精一杯チャレンジしました」とコメント。

そして、撮影を終えた篠原さんは「かなり難しいと思っていたんですが、それぞれの役が濃厚でしたので、大変やりがいがあり、充実した日々を過ごせました」と手応え語り、「特に豊子は私の好きな役柄で、照恵のシーンのときは、『豊子にもう一度戻りたい』って思ってしまうぐらい…(笑)。全く真逆のキャラクターなのでストレスも溜まらないというか…。甘いものばかり食べていると、辛いものを食べたくなるときありますよね? そんな感覚です(笑)。なかなかできない経験だと思いますし、良い機会をくださり、良い時間を与えて頂き、心から感謝しています」とふり返った。

また、「1シーン1シーンを無我夢中で大切に噛みしめながらやらせて頂いたので、本当に1人でも多くの方に見て頂きたいです。監督も自信を持って世に送り出せる作品になったとおっしゃっていましたし、放送がとても楽しみです。こんなに楽しみなのは、いままでなかなかなかったですね(笑)」と自信を見せている。

SPドラマ「愛を乞うひと」は2016年冬、読売テレビ・日本テレビ系にて放送予定。

最終更新:9月14日(水)14時21分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。