ここから本文です

窪塚洋介ハリウッド進出第2作!日本兵役でエリザベス・バンクスと共演

映画ナタリー 9月14日(水)8時0分配信

窪塚洋介が、自身2本目となるハリウッド作品「Rita Hayworth with a Hand Grenade(原題)」に出演することがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2017年に日本公開となるマーティン・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」にてハリウッド進出を果たした窪塚。「Rita Hayworth with a Hand Grenade」は「マルコヴィッチの穴」のセットデザイナーや「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のアートディレクターを務めたスローン・ウーレンの監督第2作にあたる。第2次世界大戦末期から戦後の時代を舞台に、太平洋の孤島で出会った女性戦場カメラマンと日本兵が、数十年をともに過ごすさまを描く。

主演は、「ピッチ・パーフェクト」「ハンガー・ゲーム」のエリザベス・バンクス。窪塚は、残留日本兵となった陸軍軍人の小野田寛郎と横井庄一をモデルにした、極限状態の日本兵に扮する。

この発表にあたり、窪塚は「オーディションもなく、エリザベス・バンクス氏の相手役という、重要で面白い役が出来るのはとても嬉しいことだし、誇りでもあります。また一つ役者としての軌跡を伸ばし、今後も着実にキャリアを積み上げて、世界の舞台でも力を活かせるよう、今秋の海外での撮影に臨みたいと思います。久しぶりに坊主頭かなあ(笑)」とコメントを寄せている。

窪塚洋介 コメント
ハリウッドだから「出られれば何でもいい」という仕事の選び方や、「エージェントのノルマだからやらなくてはいけない」ということではなく、日本でのスタンスと同じように心のままに仕事が出来るのは、ひとえにデビューが来年公開のマーティン・スコセッシ監督の作品「沈黙」であったこと、そこで重要な役を演じられたこと、そして、その作品に関わった主要スタッフが認めてくれたからこそだと思います。
オーディションもなく、エリザベス・バンクス氏の相手役という、重要で面白い役が出来るのはとても嬉しいことだし、誇りでもあります。また1つ役者としての軌跡を伸ばし、今後も着実にキャリアを積み上げて、世界の舞台でも力を活かせるよう、今秋の海外での撮影に臨みたいと思います。久しぶりに坊主頭かなあ(笑)

最終更新:9月14日(水)8時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。