ここから本文です

オリ・糸井、大谷の164キロ打った「乗り物に例えると?のぞみ!」

サンケイスポーツ 9月14日(水)7時0分配信

 (パ・リーグ、日本ハム4-2オリックス、22回戦、日本ハム15勝6敗1分、13日、札幌D)オレだって超人だ! 糸井が、プロ野球最速の164キロの速球を打ち砕いた。三回一死二、三塁で迎えた第2打席。内角に来た初球の快速球に反応。打球は詰まりながらも右前で弾み、先制の2点打となった。

 「(手が)しびれた!! 常に速いけど(特に)速かった。(164キロだと)知らんかった。後から聞きました。よく打てた? ホンマやね」

 大谷が怪物なら、糸井は「宇宙人」と評される。抜群の身体能力を誇り、35歳の今季は両リーグトップの51盗塁をマークしている。

 五回一死三塁で迎えた第3打席でも、超人ぶりを発揮。12球目のスライダーで一ゴロに倒れたものの、161、162、163キロの球をフルスイングで次々とファウルにし、敵地のファンをヒートアップさせた。

 「底知れぬアレ(大谷の能力の意味?)がありますから。(米大リーグの)スカウトも来ていたようだしね。乗り物に例えると? (最高時速300キロの)のぞみ!」。敗戦にも興奮が収まらなかった糸井。日本を代表する強打者は、大谷との対戦を心ゆくまで堪能したようだった。

最終更新:9月14日(水)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報