ここから本文です

「iPhone 7」で6/6sのケースは使えるのか? 実機で検証

ITmedia Mobile 9/14(水) 6:10配信

 いよいよ9月16日に発売となる「iPhone 7/7 Plus」だが、iPhone 6/6sユーザーはこれまで使ってきたケースをそのまま使えるか気になるところだろう。実際にiPhone 7のジェットブラックに昔のケースをはめてみた。

【画像】最も気になる底部

 今回使用したのは、AndMeshのiPhone 6s/6ケース「AndMesh Mesh Case」USAモデル。ポリカーボネートほど硬くなく、シリコンほど柔らかすぎない手触りの「日本製エラストマー」を使用しており、ホールド感に優れている。

 iPhone 7とiPhone 6sのサイズは67.1(幅)×7.1(奥行)×138.3(高さ)mmと全く同じで、重量はiPhone 7の方が5g軽い。ケースを装着してみると、サイズ感はぴったりだ。しかし、iPhone 7は機能面、デザイン面で大きな変化を遂げている。問題はないか、1つずつチェックしていこう。

●イヤフォンジャックが廃止された底部

 右側面に電源キーとSIMスロット、左側面にサイレントスイッチとボリュームキーがあるのは変わりないが、底部は大きく変わっている。イヤフォンジャックが廃止され、Lightning端子の両隣にスピーカー穴が空いている。

 6/6s用ケースでは、3.5mmイヤフォンジャック、Lightning端子、スピーカー用の穴がそれぞれ空いているが、両端のスピーカーを最大限に活用するには十分とはいえないだろう。

●カメラ穴が鬼門

 iPhone 7では、カメラ機能が大きく進化した。光学式手ブレ補正(静止画と動画)に対応し、F値は2.2から1.8になり、iPhone 6sよりも取り込める光量が最大50%アップした。フォトライトは「クアッドLED True Toneフラッシュ」に進化し、iPhone 6sより50%明るく発光する。フォーカスの速度も上がり、ローカルトーンマッピングとホワイトバランスも強化された。

 実際に背面を見ると、ケースの穴に大型化したカメラが重なっていることが分かる。もっとゆったりしたカメラ穴を持つケースもあるかもしれないが、これでは普段使いは難しい。デュアルカメラを採用したiPhone 7 Plusなら、なおさらだろう。

 電波干渉を防ぐ樹脂のライン、通称「Dライン」もなくなったが、これはあまり大きな影響はなさそうだ。

●iPhone 7のケースを見てみよう

 今度はApple純正の「iPhone 7レザーケース」を確認してみよう。アウトカメラ用の穴が大きく、底部は完全に切り抜かれた状態になっている。ケースを使い回す際にチェックしたいのは、やはりカメラ部分と底部。ほとんどの人が、iPhone 7用ケースを新たに購入することになりそうだ。

最終更新:9/14(水) 20:04

ITmedia Mobile