ここから本文です

「家売るオンナ」今夜最終回…万智がテーコー不動産本社相手にミラクル起こす!?

cinemacafe.net 9月14日(水)14時30分配信

北川景子主演、工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコ、仲村トオル、臼田あさ美、梶原善ら共演の不動産屋を舞台にしたコメディー「家売るオンナ」の最終回が9月14日(水)今夜放送となる。

【画像】「家売るオンナ」最終回

本作は北川さん演じる天才的不動産屋・三軒家万智がテーコー不動産新宿営業所を舞台に、難客相手に想像を超えた方法で家を売りまくる様をコメディタッチで描いてきた。

放送開始当初は無表情で「わたしに売れない家はない」「わたしは家を売るのが仕事」と言い切り、サボることしか考えてないイモトさん演じる“ダメ社員”白洲美加に「GO!」と“命令”、ムダな話も一切せず素性が謎に包まれていた万智だが、その後高校時代に両親が事故死、5千万に及ぶ借金を背負いホームレスを経験。昼夜問わず働きやっと借金を返済したことなど“衝撃過去”が発覚。“家を売る事”にこだわる理由が明かされていった。

そんな万智だが今夜の最終回では自らの勤務先「テーコー不動産」との“勝負”を繰り広げることになる。

なんと新宿営業所の面々が行きつけのバー・ちちんぷいぷいが入っているビルの取り壊しが決まり、バーのママ・こころ(臼田あさ美)が立ち退きを迫られてしまう。相談を受けた屋代(仲村さん)はビルの空きテナントを埋めて価値を高めた上でビル一棟ごと売却しようと奔走するが、実はビルの建て替えは本社が極秘で再開発を進めていた案件。ビルの売却から手を引くよう言われた屋代に、万智は「そのビルはわたしが売ります」と宣言。進退をかけビルの売却に挑むことに。

そんな中、庭野(工藤さん)は万智の異動の噂を聞き、なんとか引き止めたいと思うが言い出せないでいた。万智は元プロバレリーナの望月葵(凰稀かなめ)と足の不自由な娘のカンナ(堀田真由)のためにバリアフリーの家を探して欲しいと頼まれる…。

万智をめぐる、工藤さん演じる若手営業マンの庭野聖司と、仲村さん演じる上司の屋代大の“三角関係”はどんな決着を迎えるのか。第8話放送後にはネットで「かわいい」と絶賛された千葉さん演じる足立聡ら個性的なテーコー不動産新宿営業所の面々の奮闘ぶりも今夜で見納め。三軒家万智、最後の“ミラクル”をその目に焼き付けて。

「家売るオンナ」最終回は9月14日(水)今夜22時~日本テレビ系で放送。

最終更新:9月14日(水)14時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。