ここから本文です

センハダカ「おいしい」 小学校の給食に未利用魚 静岡

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月14日(水)9時8分配信

 駿河湾特産のサクラエビと混獲される未利用魚「センハダカ」のつみれ汁が13日、静岡市清水区の蒲原西小の給食で提供された。地元の漁業関係者や市職員らも一緒に食べ、児童にセンハダカの説明をしたり評判を聞いたりした。

 今春のサクラエビ漁の漁期中に水揚げされたセンハダカのすり身を、由比港漁協が提供した。同校の栄養教諭植田知里さんが考案したレシピで調理したつみれ汁を児童が味わった。6年生の男子児童(11)は「ふわふわでおいしい。少し苦みがあったけどうまさを引き立てていた」と笑顔を見せた。

 地元水産業の振興を図ろうと、同校と漁業関係者らが2016年度から提供に向け検討を重ねてきた。26日には唐揚げを提供する。植田さんは「センハダカ料理のメニューを増やし、コンスタントに給食で提供できれば」と語った。

静岡新聞社

最終更新:9月14日(水)9時8分

@S[アットエス] by 静岡新聞