ここから本文です

トヨタ本社工場の新設棟、水素と再生可能エネルギーでCO2ゼロへ

スマートジャパン 9/14(水) 7:10配信

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)は2016年9月12日、愛知県豊田市の本社工場敷地内に完成したエネルギー管理棟に定置式の純水素燃料電池を導入し、同日より運転を開始したと発表した。さらに太陽光発電や蓄電池を組み合わせたエネルギーマネジメントシステムを構築し、建物のCO2排出量ゼロを目指して実証運用を進めていく。

 導入した純水素燃料電池は東芝製で、定格出力は3.5kW(キロワット)。水素から電力と温水を作り、エネルギー管理棟の照明や空調などで利用する仕組みだ。この純水素燃料電池は2014年に山口県が公募した補助事業において、東芝、山口リキッドハイドロジェン、長府工産、岩谷産業が共同開発したものをベースにしている。今回東芝が納入した3.5kW機の商用利用は、今回が初の事例になるという。

 今回トヨタのエネルギー管理棟にはこの純水素燃料電池に加え、太陽光発電システム、「プリウス」の使用済みバッテリーを再利用した蓄電池で構成するエネルギーマネジメントシステムを導入する。

 このシステムではエネルギー管理棟のエネルギー需要予測も可能で、これに合わせて主に純水素燃料電池を運転させつつ、発電量が変動する太陽光発電と蓄電池を最適に組み合わせて効率的なエネルギー供給を行う。燃料電池から出る廃熱は空調に利用する。

 この他に一人一人が空調・照明をが入切できるようにして節電を促すとともに、自然光や自然換気を最大限利用するといった建物本体の省エネ対策も行い、エネルギー消費量の削減を図る。

目標はCO2排出ゼロ

 トヨタはこうした水素と再生可能エネルギー、リサイクルした蓄電池を活用するエネルギーマネジメントシステムの技術開発および実証導入を進めることで、新たに建設したエネルギー管理棟のCO2排出量ゼロを目指す。なお、実証には東芝も参加し、実運用に基づいた建物のエネルギー需要予測技術と、各設備の最適な運用技術の開発を担う。

 トヨタは2015年に新しい環境戦略「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表した。その戦略の1つとして、2050年までに工場のCO2排出量をゼロにする「工場CO2ゼロチャレンジ」を掲げている(図3)。

 このチャレンジは工場における車両の「生産」と、工場そのものや事務所など、関連する建物の「運用」におけるエネルギー消費量とCO2排出量を削減していくという取り組みだ。そして大目標である「2050年にCO2排出量ゼロ」を目指すに当たり、同社が積極的に活用していくのが水素と燃料電池、さらに太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーである。

 今回発表したエネルギー管理棟への純水素燃料電池や太陽光発電設備の導入は、こうした長期目標の達成に向けた取り組みの1つとなる。トヨタは今回の実証の成果を、今後他の工場内建物における水素および再生可能エネルギーの活用に生かす方針だ。

最終更新:9/14(水) 7:10

スマートジャパン