ここから本文です

GARMIN、4K録画+センサーオーバーレイ対応の新アクションカム「VIRB ULTRA 30」

Impress Watch 9月14日(水)6時30分配信

 いいよねっとは、GPSなどで取得したセンサーデーターを動画にオーバーレイ表示できる、米GARMINの4Kアクションカメラ「VIRB ULTRA 30 日本正規版」を9月30日より発売する。価格は62,800円。予約受付は9月16日から開始する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 フルHD動画やGPS位置情報、各種センサーッ情報を同時に記録できるGARMINアクションカメラ「VIRB(バーブ)」。VIRB ULTRA 30はシリーズ新モデルで、新たに4K/30fpsの撮影に対応したほか、GPS測位も10Hzとスキャン周期を10倍にアップした。

 撮影した映像をスマートフォンアプリ「GARMIN VIRB」やPC用ソフトウェア「VIRB Edit」で取り込んで映像編集できるほか、GPSや加速度センサーなど各種センサー情報(G-Metrix)とシンクロし、撮影時の速度や高度などもシンクロして確認し、オーバレイ表示が行なえる。また、オプションのワイヤレスアクセサリを利用することで、温度やエンジン回転数、冷却水温度、心拍数などのアクティビティデータも取得可能。

 映像にオーバーレイするグラフやゲージのデザインも豊富に用意され、カスタマイズ可能。シーンに合ったデータ表示を選択できる。

 1/2.3型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。4K(3,840×2,160ドット)/30fpsや、フルHD(1,920×1,080)/60fps等に加え、1080p/120fps、720p/240、120fps、480p/300fpsのスロー撮影、タイムラプス撮影に対応する。3軸スタビライザによる安定した撮影が可能で、手ブレ補正やレンズ歪み補正、自動録画、ループモード(連続録画しながら古いデータを新しいデータで上書き)などに対応する。記録メディアはmicroSDで、最大128GBまで対応。4K撮影の場合は、UHSクラス3以上を推奨している。

 Bluetoothや無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)に対応し、スマートフォンやワイヤレスマイクと連携可能。複数のVIRBとの連携動作に対応し、最大50台と連携して、複数アングル撮影が行なえる。

 ANT+に対応し、心拍計や温度計、自動車診断ポート(OBD-II)、チャットプロッターなどのアクセサリと連携可能。HDMI出力端子も備えている。液晶モニターは1.75型のタッチパネル式。

 ハウジング利用時は40mの防水に対応。バッテリはリチウムイオンで、1080/60fps撮影時で約1.5時間の撮影が可能。本体の外形寸法は56×32.4×40mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約87.9g(本体のみ)/約154g(ハウジング含む)。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:9月14日(水)17時45分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]