ここから本文です

〔東京株式〕売り一巡後は下げ渋り(14日前場、続き)☆差替

時事通信 9月14日(水)12時0分配信

 前日の米株式市場は主要株価が大幅反落し、東京市場でも朝方は幅広い業種に売りが先行した。米国では原油先物相場が下落したほか、長期金利が上昇しており、株価の下押し材料となった。ただ、米金利上昇が円安・ドル高につながり、日本株にとっては支援要因。下がれば日銀が上場投資信託(ETF)の買い入れを実施するとみられ、売り一巡後は下げ渋った。
 週明けの日銀金融政策決定会合における追加金融緩和の観測報道も円安を誘った要因とみられる。取引時間中に円相場は1ドル=103円台に下落したが、日経平均株価は1万6700円近辺のマイナス圏で一進一退。「報道はマイナス金利の深掘りに対する市場の反応をうかがっているような動き」(中堅証券)との声も聞かれ、様子見気分は依然強く、小幅な値動きが続きそうだ。

最終更新:9月14日(水)14時26分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]