ここから本文です

<佐々木希>“美人3姉妹”でピアノ連弾 「本当にやばかった!」

まんたんウェブ 9月14日(水)23時16分配信

 女優の佐々木希さんが14日、東京都内で行われた映画「カノン」(雑賀俊朗監督)の完成披露試写会に登場。比嘉愛未さん、ミムラさんと3姉妹を演じた佐々木さんは、劇中でクラシックの名曲「カノン」を3人でピアノ連弾するシーンにも挑戦しており、「楽勝と思っていた」と明かしつつ、苦戦した様子で「本当にヤバかったです」と苦笑いしていた。

【写真特集】比嘉愛未&ミムラ&佐々木希が美しすぎる3姉妹に 母親は…

 映画は富山県や石川県など北陸の町と東京を舞台に、3姉妹と母親の絆を描いた作品。祖母が遺した手紙で、死んだはずの母が生きていたことを知らされた3姉妹が、自分たちの傷に向き合いつつ、母の過去をたどり、未来への一歩を踏み出そうとする……という感動作で、比嘉さんが次女・岸本藍役で主演。長女・宮沢紫役をミムラさん、三女・岸本茜役を佐々木さん、3人の母親役を鈴木保奈美さんが演じた。

 この日のイベントには、比嘉さん、ミムラさん、鈴木さん、雑賀監督も出席。連弾シーンについて、比嘉さんはピアノは初挑戦ながら「クランクインの1カ月から、毎日ピアノに向かい、吹き替えなしで頑張りました」と笑顔。唯一ピアノの経験があるミムラさんも「目隠しして弾けるところまで練習しました」と告白した。

 また、比嘉さんは「みなさんにひと言だけ誓えます。見終わった後、絶対後悔はさせません!」と、出来映えに自信をみせた。司会者から「美人3姉妹」と絶賛されて照れた3人だったが、母親役の感想を聞かれた鈴木さんは「私から生まれたから!」とちゃめっ気たっぷりに答えて、会場を沸かせていた。映画は10月1日に公開。

最終更新:9月26日(月)15時37分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。