ここから本文です

〔東京外為〕ドル、103円前後=日銀緩和期待で大幅上昇(14日正午)

時事通信 9月14日(水)12時30分配信

 14日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日銀の追加金融緩和期待を受けた買いが継続し、1ドル=103円前後に大幅上昇している。正午現在、103円00~01銭と前日(午後5時、101円82~82銭)比1円18銭のドル高・円安。
 東京市場の早朝は102円40~50銭台で推移。午前9時以降は、戻りを試す日経平均株価が強材料となったほか、日銀追加緩和観測にサポートされ、102円80銭台に浮上。その後は103円を上抜けたことでストップロスを巻き込み、103円20銭前後まで水準を切り上げたが同水準で頭打ちとなり、103円前後に押し戻された。
 ドル円は、米国の長期金利上昇や日銀追加緩和の思惑などで急伸している。市場関係者は「短期投機筋によるショートカバーが進んだ」(外為仲介業者)と説明している。今後発表される米経済指標が好調となれば、「円ロングを解消する動きがさらに進む可能性がある」(信託銀)と、もう一段のドル高・円安を予想する声も聞かれる。
 ユーロも対円で大幅高。ユーロドルは小動き。正午現在、1ユーロ=115円56銭~56銭(前日午後5時、114円33~34銭)、対ドルでは1.1218~1218ドル(同1.1229~1229ドル)。

最終更新:9月14日(水)14時26分

時事通信

チャート

アメリカ ドル / 日本 円
100.85 - 9月26日 15時0分