ここから本文です

小栗 旬主演のノンストップ・スリラー『ミュージアム』、ONE OK ROCKの新曲も聴ける予告編公開

CDジャーナル 9/14(水) 17:14配信

 漫画家・巴 亮介の同名作品を『るろうに剣心』シリーズを手がけた大友啓史監督が実写映画化、小栗 旬を主演に迎えたノンストップ・スリラー・エンタテインメント『ミュージアム』は11月12日(土)に全国公開。予告編では、9月16日(金)からiTunesなどで配信される主題歌、ONE OK ROCKの新曲「Taking Off」も一部公開。「あらゆる臨界点を超えようとしているこの映画の主題歌を託せるのは、彼らしかいない」と大友監督に言わしめた、迫力のサウンドに触れることが出来ます。

 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った殺人アーティスト“カエル男”。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる――。予告編の映像でも明らかな激しいアクションはもちろん、残虐性とゲーム性を兼ね備える、緻密に練られたストーリーが展開される『ミュージアム』。満身創痍になりながらもカエル男を追い詰めようとする刑事“沢村”を演じる小栗 旬をはじめ、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀、大森南朋、松重 豊ら豪華キャストが集い、“最悪のラスト”へと誘います。

©巴 亮介 / 講談社 ©2016映画「ミュージアム」製作委員会

最終更新:9/14(水) 17:14

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]