ここから本文です

“おじさん”松田龍平が甥っ子に叱られる!?「少しは反省しなさいよ」

cinemacafe.net 9月14日(水)17時30分配信

主演・松田龍平×山下敦弘監督のタッグで贈る『ぼくのおじさん』。この度、本作の予告編が公開された。

【画像】おじさん役の松田龍平

学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学4年生のぼく=春山雪男。「自分のまわりにいる大人について」というのがテーマ。居候しているぼくの“おじさん”は、大学の臨時講師で哲学者を自称するものの、万年床に寝転がってマンガばかり読み、ときには僕をダシにお母さんからお小遣いをもらうこともある大人。雪男は、そんなおじさんを題材に作文を書くことにするが…。本作は、本当に困った大人だけどどこか憎めない“おじさん”と、子どもとは思えないしっかり者の少年、可愛らしい凸凹コンビが織りなす冒険物語だ。

原作は、芥川賞作家・北杜夫が持ち前のユーモアを存分に発揮し、和田誠のイラストと共にいまもなお幅広い世代に愛され続ける同名作。キャストには、“おじさん”役に松田さん、甥っ子・雪男役に大西利空。“おじさん”が一目惚れするマドンナに真木よう子。そのほか、戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎、キムラ緑子、戸田恵梨香ら実力派豪華キャストが集結している。

このほど到着したのは、「ぼくのおじさんは、ぼくの家で一番役立たずの居候だ」というぼくのセリフから始まる予告編。映像ではダメダメなおじさんの日常が描かれ、“インテリにしてぼんくら”と紹介されるおじさんが、義理の姉(ぼくのお母さん)から怒られ「ワォ」と反応する姿には思わず笑いも。あるときそんなおじさんも恋をする。一目惚れした女性を追いかけてハワイへ行くも、そこでも珍道中が繰り広げられることに。


雪男からは「少しは反省しなさいよ」と叱られ、和菓子屋の御曹司の青木からは「あなたにはエリーは任せられない」と言われてしまう。このどうしようもないおじさんの恋の行方は…? おじさんと雪男の恋と冒険の旅、一体どんな展開になるのかますます楽しみになってくるようだ。

『ぼくのおじさん』は11月3日(木・祝)より全国にて公開。

最終更新:9月14日(水)17時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。