ここから本文です

吉田沙保里、理想の男性はキャプテン・アメリカ 腕組みデートを妄想

映画.com 9/14(水) 15:10配信

 [映画.com ニュース] 女子レスリングの吉田沙保里選手と元陸上選手の室伏由佳氏が9月14日、都内で行われた映画「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のMovieNEX発売記念イベントに出席。マーベル作品グッズに彩られた壇上で、2人がガールズトークを繰り広げた。

【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら

 風呂あがりの部屋着風衣装で登場した2人は、ソファに腰掛け「お部屋みたい」とリラックス。アイアンマンの赤とキャプテン・アメリカの青が基調の壇上を見回し、吉田選手は「普段、赤と青で(自身の)部屋はコーディネートしないんですよ。レスリングの赤コーナーと青コーナーだと思っちゃうから」とほほ笑んだ。

 さらに、「アイアンマンとキャプテン・アメリカ、どちらがタイプ?」と聞かれた吉田選手は、「もちろんキャプテン・アメリカ。かっこいいですし、強い」と即答。そして「レスリングでは引っ張っていきますが、恋愛では引っ張ってほしい。付き合ってしまったら甘えるタイプです。キャプテン・アメリカは一途ですし、リーダーシップをとるし、最高ですね!」と乙女心をのぞかせる。キャプテン・アメリカの等身大フィギュアと腕を組みながら「こうやってデートしたい!」と妄想を広げ、「ライバルは多いですが、私が勝ち取る!」と力強く宣言していた。

 映画は、最強チーム「アベンジャーズ」が信念の違いから対立し、紛争状態に陥ってしまうさまを描く。室伏氏は「どう決着するのか、でも願わくば和解して欲しいと考えながら、戦う者同士の友情を見ていました」と評し、吉田選手も「戦う男はかっこいい。ケンカはダメですけど、終わった後の友情が最高ですよね」と同調していた。

 また円盤投げの日本記録保持者である室伏氏は、アスリート目線で作品を楽しんだようで、「キャプテン・アメリカの投てきが良い軌道を描いていると思った。選手になったらすごいと思う。(体を)回転しないで投げているから、半端じゃない能力。回転したらもっと飛びますよ」と語る。一方の吉田選手は「マーベル映画にスタントでの出演オファーが来たら?」と問われ、「大変なことなので、時間をかけて訓練して、できるなら挑戦したいです。キャプテン・アメリカとの絡み? ありです」と目を輝かせていた。

 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のMovieNEXは9月16日に発売。

最終更新:9/14(水) 16:35

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革