ここから本文です

〔東京株式〕小動き=様子見姿勢強まる(14日後場寄り付き)

時事通信 9月14日(水)13時0分配信

 【第1部】日米の金融政策イベントを控えた様子見姿勢が強まり、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに小動き。
 国際帝石が値を下げている。三菱UFJ、三井住友は下押している。トヨタは弱もちあいで、日本電産は大幅安。JXが売られている。ファーストリテは下げがきつい。郵船は急落している。半面、第一生命が急伸し、JTは小高い。アルプスが上げ幅を拡大し、村田製は買われている。任天堂は値を上げ、バンナムHDは小じっかり。東急不HDは上伸している。

最終更新:9月14日(水)15時27分

時事通信