ここから本文です

ナノテック・システムズが新導体素材「PC-Triple C」を採用したスピーカーケーブルを新発売

CDジャーナル 9月14日(水)17時14分配信

 導体素材「PC-OCC」の製造中止に伴い、株式会社ナノテック・システムズのスピーカーケーブル「GOLDEN STRADA#79nano3 Limited」が生産完了。同社では、これに代わる新たなスピーカーケーブルの開発に向けて数々の試作を重ね、導体の新素材として同社電源ケーブル「POWER STRADA#308」やラインケーブル「Music Strada♯211」にも採用して高い評価を得ている「PC-Triple C」導体を採用。新スピーカーケーブル「SP#79 PTC-1」(8,500円 / m)として発売します。

 「SP#79 PTC-1」は、「PC-Triple C」導体をふんだんに使用することで、断面積が前モデルから約5.58平方mmに拡大したほか、導体の絶縁物に制振材を混在させたポリオレフィンを採用、スピーカーが発する振動を抑制して低音域から高音域に亘る広い帯域での再現性を高めることに成功。また、金銀の超微粒子を高濃度分散させたコロイド液を導体表面に塗布・含浸するというナノテック・システムズならではの独自技術も施されており、透明感や滑らかさ、情報量の豊富さといった優れた特性を実現しています。なお、端子付きの「SP#79 PTC-1」も近日発売予定。

最終更新:9月14日(水)17時14分

CDジャーナル