ここから本文です

レディー・ガガ、セレーナ・ゴメスの休業に理解を示す

cinemacafe.net 9月14日(水)18時15分配信

先月末に休業することを発表したセレーナ・ゴメス。1年ほど前に難病のループス(全身性エリテマトーデス)を患い化学療法を受けたを明かしていた。

【写真】セレーナ・ゴメス/フォトギャラリー

そのループスが引き起こす副作用として「不安やうつ、パニック障害」があることを知ったセレーナは、こうした症状に向き合い、自身の健康を目指すために、12月まで開催予定だったワールドツアーもキャンセルして休業に入った。

ラジオ局KTU103.5のインタビューに応じたレディー・ガガは、セレーナのようなトップアーティストが長期的に休業することに対しての考えを聞かれ、「名声は人を孤立させるもの。その中で自分を安定させるのには少し時間がかかるのよね」とコメント。以前、有名になってしまったことで長年「うつ」や「不安症」で悩んでいると明かし、いまも薬を飲んでいるというガガは、セレーナにいたく共感したようだ。

名声は、仕事に対する考え方も変えさせるとガガは指摘する。「突然、キャリアの向上だけにフォーカスすることを求められ、ナンバーワンやトップでいなければならなくなるのだから…」。世界的に活躍するガガも常に重圧と闘ってきた。ガガ自身、先日発表したニューシングル「パーフェクト・イリュージョン」を3年かけて自分を“再調整”して仕上げたと言っている。

最終更新:9月14日(水)18時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。