ここから本文です

メル・ギブソン&ショーン・ペン共演「博士と狂人」映画化にナタリー・ドーマー

映画.com 9/14(水) 17:00配信

 [映画.com ニュース] サイモン・ウィンチェスター著「博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話」をメル・ギブソンとショーン・ペン主演で映画化する新作に、英女優ナタリー・ドーマー(「ゲーム・オブ・スローンズ」「ハンガー・ゲーム」)が出演することがわかった。

 ギブソンが映画化権を獲得した「博士と狂人」は、41万語以上を収録する辞書「オックスフォード英語大辞典」第1版制作の過程を描いた傑作ノンフィクション。完成まで70年の歳月を要したというこの辞書の作成に人生を捧げたジェームズ・マレー博士と、1万語以上にわたり協力した囚人ウィリアム・マイナーの2人に焦点を当てている。

 ギブソンは1998年頃からこの映画化を切望しており、先ごろついにペンが精神病棟の囚人マイナー役に決定。ギブソンは言語学者マレー博士役を演じる。米ハリウッド・レポーターによれば、ドーマーは夫をマイナーに殺された未亡人役で、彼女を助けようとするマイナーとの間に、複雑な恋愛感情が生まれるようだ。

 ギブソンと「アポカリプト」で組んだ脚本家ファラド・サフィニアが監督・脚本を手がけ、「ハート・ロッカー」「ダラス・バイヤーズクラブ」のボルテージ・ピクチャーズが製作する。9月下旬に撮影開始の予定。

最終更新:9/14(水) 17:00

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革