ここから本文です

アンフィールドのネットが「白」に 4ゴールの秘密?

ISM 9月14日(水)17時43分配信

 本拠地「アンフィールド」の改修を行なったリヴァプール。現地時間10日(以下現地時間)のレスター(以上イングランド)戦では8500席増築された新たなメインスタンドがお披露目となったが、もう1つ変化したものがあった。

 ゴールネットの色だ。

 リヴァプールの公式HPによれば、同チームは2012年8月から過去4年間、クラブカラーである赤のゴールネットを使用してきた。8日にトップチームが練習を行なった際も、その色は赤だった。

 しかし、その練習後にユルゲン・クロップ監督やスタッフ陣から、ネットの色を白に変更してほしいという要求があったとのこと。赤いネットでは、試合中にゴール裏のサポーターと同化して見づらいことが理由だそうだ。同チームでは1995年にもネットの色を赤から白に変更した過去があり、当時のメンバーであるロイ・エヴァンスが、ゴール裏のサポーターとの見分けがつきにくいと証言していた。

 ネットの色を変更して迎えた試合で、リヴァプールは昨季王者レスター相手に4ゴールを奪って快勝。これは良い兆候となるだろうか。なお、リヴァプールは今シーズン中は、引き続き白いネットを使用する。

最終更新:9月14日(水)17時44分

ISM