ここから本文です

【ダカール17】プジョー、3008 DKR 発表…2連覇目指す

レスポンス 9月14日(水)12時51分配信

フランスの自動車大手、プジョーは9月13日、2017年1月に南米で開催されるダカールラリー17に参戦する新型レーシングカー、『3008 DKR』を発表した。

画像:プジョー 3008 DKR

プジョーは2015年のダカールラリーに、25年ぶりに復活参戦。そのために開発されたレーシングカーが、『2008 DKR』だった。今回発表された3008 DKRは、2008 DKRの後継車となる。

2008 DKR は、プジョーの小型クロスオーバー車、『2008』をモチーフとしたボディをまとっていた。これに対して、3008 DKRのボディは、プジョー『3008』がモチーフ。

3008 DKRでは、主に4つの分野での性能向上を重視して開発された。信頼性および耐久性の向上をはじめ、サスペンションの再チューニング、改良されたエアコンの装着が行われている。

3.0リットルV型6気筒ツインターボディーゼルエンジンは、継続搭載。2017年の新レギュレーションでは、エアリストリクター径が39mmから38mmに小径化された。プジョーによると、最大出力は前回の350hpから、20hp程度ダウンするという。

プジョーは前回のダカールを、2008 DKRで制した。今回はニューマシンの3008 DKRを得て、2年連続の総合優勝を目指す。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9月14日(水)12時51分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]