ここから本文です

二階氏「党も柔軟に沖縄に耳傾ける」 普天間移設問題

琉球新報 9月14日(水)12時10分配信

 来県中の二階俊博自民党幹事長は14日午前、米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古新基地建設問題で、政府が「辺野古が唯一」としていることに対して党幹部としての姿勢を問われ「自民党も柔軟に、沖縄の意見に十分耳を傾ける姿勢だ」と述べた。翁長雄志知事との会談後、県庁で記者団の質問に答えた。
 知事との会談については「沖縄と自民党の間で十分意見交換しながら、地元の皆さんの期待に応えられるよう党として頑張ることを約束してきた」と語った。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:9月14日(水)12時10分

琉球新報