ここから本文です

仲代達矢 よみがえる「七人の侍」に感激「涙を流しながら拝見」

スポニチアネックス 9月14日(水)7時0分配信

 黒澤明監督の代表作「七人の侍」(1954年公開)が4Kデジタルリマスター版で上映されることを記念した試写会とトークショーが13日、都内で行われ、俳優の仲代達矢(83)が出席した。

 19歳で端役で出演した仲代は「涙を流しながら拝見した」と最新技術でよみがえった名作に感激。「簡単にパソコンでも(映画を)見られる時代に、大きなスクリーンで若い人たちに見てほしい。そのためには作り手が“七人の侍”のような素敵なものを作らないと」と語った。「七人の侍」リマスター版は、開催中の「午前十時の映画祭7」で10月8日から全国55劇場で上映される。

最終更新:9月14日(水)7時0分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。