ここから本文です

凛として時雨TKとAimer、デュエットで魅せた新木場の夜

音楽ナタリー 9月14日(水)11時14分配信

TK from 凛として時雨の自主企画イベント「error for 0 vol.2」が、9月12日に東京・新木場STUDIO COASTにて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今年2回目の「error for 0」にはゲストに、TKが楽曲を提供したAimerを迎えて実施。開演時刻を迎えると黒いドレスを着たAimerが登場し、「StarRingChild」でライブをスタートさせた。5人のサポートメンバーの重厚なバンドサウンドに乗せて彼女は、ダイナミックな「Brave Shine」や、RADWIMPSの野田洋次郎提供のラブソング「蝶々結び」をパフォーマンス。またTKとのレコーディングの思い出を語ったのち、TKが楽曲制作およびプロデュースした「声色」と「us」をエモーショナルに歌い上げた。

TKはTOKIE(B)、BOBO(Dr)、佐藤帆乃佳(Violin)、大古晴菜(Key)と共にステージへ。「Secret Sensation」を皮切りに、「kalei de scope」「Dramatic Slow Motion」といったアッパーなナンバーで序盤を飾る。「TKと言います」という短い挨拶を経て、最新シングル「Signal」やニューアルバム「white noise」の収録曲「Wonder Palette」を披露した観客を魅了した。

アンコールではTKの呼び込みでAimerが再登場し、まずは2人がたどたどしくトークを展開。Aimerが「TKさんのスタジオにはあちこちにペンギンがあったんですけど、お好きなんですか?」と質問すると、TKが「けっこう好きで、お客さんからよくいただくんです。誰かが来るときはちょっと数を減らしてるんだけど……」と答えて観客を和ませる。そして「じゃあ、やりましょうか」というTKの言葉から「fragile」が始まる。TKとAimerは声を重ね、息の合ったハーモニーを響かせた。

Aimerが去ったあとTKは「こういうセッションは心臓に悪いですね(笑)」とつぶやく。そして、バンドメンバーと合流したのち、「Fantastic Magic」をラストナンバーとして届けた。

TK from 凛として時雨 presents「error for 0 vol.2」
2016年9月12日 新木場STUDIO COAST セットリスト
Aimer
01. StarRingChild
02. Brave Shine
03. 蝶々結び
04. 声色
05. us
06. 悲しみはオーロラに

TK from 凛として時雨
01. Secret Sensation
02. kalei de scope
03. Dramatic Slow Motion
04. Signal
05. haze
06. flower
07. shandy
08. Wonder Palette
09. unravel
<アンコール>
10. fragile
11. Fantastic Magic

最終更新:9月14日(水)11時14分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。