ここから本文です

【巨人】菅野、球団47年ぶり入団から4年連続2ケタ勝利へ

スポーツ報知 9月14日(水)6時7分配信

 14日の中日戦(ナゴヤD)に先発する巨人・菅野智之投手(26)が13日、2か月ぶりの完投を目標に掲げ、球団では堀内恒夫(スポーツ報知評論家)以来、47年ぶりとなる入団から4年連続の2ケタ勝利達成を誓った。ここまで防御率はリーグトップの1.93で9勝6敗。「(村田)ヘッドにも言われましたし、最低7回。最近、長い回を投げられていないので、頑張って8、9回と投げられるようにしたい」とエースの自覚を口にした。

 CS第1Sの本拠地開催がかかる2位確保へ、大事な11連戦。その初戦を任された菅野は強い気持ちでマウンドに上がる。「責任がありますし、そこで勝てればチームもいい流れになると思う」。12日のG球場での全体練習では、村田真一ヘッドコーチから“完投指令”も受けた。チームのため、リリーフ陣を休ませたいと考えている。

 ここまでリーグトップタイの5完投。開幕からフル回転してきたが、後半戦は最長7イニング。7月9日のDeNA戦(東京D)、123球で9回を投げたのが最後の完投だ。最近はファウルで粘られる傾向があり、9勝目を挙げた前回6日の阪神戦(甲子園)は6回113球2失点。「内容はいいものじゃない」と反省していた。球数が完投へのポイントになりそうだ。

 この日は、G球場の室内練習場でダッシュなどで調整した。相手先発は吉見。エース対決でロースコアが予想される。「優勝はできなかったですが、2位にこだわってやっていきたい。早く(2ケタ)勝ちたいですね」。10勝目の瞬間を、マウンド上で迎える覚悟で臨む。(片岡 優帆)

最終更新:9月14日(水)23時41分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報