ここから本文です

北朝鮮「軽挙妄動するな」 米戦略爆撃機の韓国展開を非難

聯合ニュース 9月14日(水)11時11分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、米軍が前日にB1B戦略爆撃機2機を韓国上空に出動させたことについて「軽挙妄動するな」と威嚇した。

 同通信は「米帝(米国)は核戦略爆撃機を南朝鮮(韓国)地域上空に投入し続け、その過程で核先制攻撃の機会をうかがおうとしている」と非難した。

 また、「いかなる戦略行為と挑発策動も一撃で撃退する完璧な軍事対応手段を備えたわれわれ軍隊は今、米帝の無謀な軍事的動きを鋭く見張っている」とした。

 B1Bの2機は13日午前10時ごろ、ソウル郊外の烏山空軍基地の上空に飛来し5回目核実験という挑発に踏み切った北朝鮮に強い警告のメッセージを送った。

 B1Bは有事の際、米グアム基地を離陸してから約2時間で平壌の上空に到着し、爆弾を投下して平壌を丸ごと消滅させられるほどの戦力を備えている。

最終更新:9月14日(水)11時15分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。