ここから本文です

長唄三味線で粋に盛り上げ 18日、島田髷まつり

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月14日(水)9時13分配信

 島田市内で18日に開かれる「島田髷(まげ)まつり」(実行委主催)で、市内の年長園児―中学生の14人が地元の伝統文化の長唄三味線を披露しようと練習を重ねている。島田髷まつり保存会によると「59回の歴史の中でも初めての試み」。島田髷と長唄三味線のコラボレーションが盛り上げに一役買いそうだ。

 同市内で長唄三味線教室を開く吉住小友也代表が「島田髷と長唄三味線という島田の二つの伝統文化を組み合わせれば面白いのでは」と考え、同保存会に持ち掛けた。市内の子どもを対象に募集し、集まった14人が7月から吉住代表の指導を受けながら練習してきた。

 当日はJR島田駅前のおび通り南側ステージで午前11時10分ごろから、髷娘たちの手踊り披露前に「さくらさくら」など童謡4曲を演奏する。内藤倫菜さんは「三味線は難しいけれど楽しい。本番ではきれいに弾きたい」、寺沢蘭さん(ともに島田第二小2年)は「髷娘の格好をするのが楽しみ。間違えないように演奏したい」と話す。

 同保存会の鈴木房雄会長は「島田は伝統文化が似合う街。少し寂しくなった商店街をにぎやかにしてほしい」と期待する。



 ■当日は「元気市」やマルシェも

 島田髷まつりに合わせ、JR島田駅前のおび通りでは18日午前9時から同午後1時まで、「しまだ元気市」やストリートマルシェが開かれる。

 ストリートマルシェは島田市の若者有志グループ「おしゃれぼーいず」の企画で、飲食や雑貨など約30店が並ぶ。会場周辺では園児の太鼓演奏や路上ライブなども行われる。

静岡新聞社

最終更新:9月14日(水)9時13分

@S[アットエス] by 静岡新聞