ここから本文です

<弱虫ペダル>テレビアニメ第3期のタイトルは「NEW GENERATION」 キービジュアルも公開

まんたんウェブ 9月15日(木)0時0分配信

 2017年1月にスタートするテレビアニメ「弱虫ペダル」の第3期のタイトルが「弱虫ペダル NEW GENERATION」に決まったことが15日、分かった。

【写真特集】総北“新世代”のビジュアル公開 2年生もカッコいい

 第3期では、総北高校の3年生が引退し、主人公・小野田坂道たち“ニュージェネレーション”の戦いが描かれる。坂道や同じく1年生の今泉俊輔と鳴子章吉、チームを引っ張る立場となる2年生の手嶋純太、青八木一が描かれたキービジュアルも公開された。

 「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中のマンガで、フィギュアやアニメが大好きな気弱な少年・坂道が、千葉県の総北高校でロードレースの魅力に目覚め、仲間と共にインターハイ優勝を目指す姿が描かれている。テレビアニメは第1期が13年10月~14年6月、第2期が14年10月~15年3月に放送された。

最終更新:9月15日(木)0時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。