ここから本文です

隠岐 金星連発!2横綱1大関撃破 “神ってる”3戦全勝

スポニチアネックス 9月14日(水)7時0分配信

 ◇大相撲秋場所3日目(2016年9月13日 両国国技館)

 東前頭筆頭の隠岐の海が2場所連続優勝を狙う横綱・日馬富士を寄り倒して土をつけ、初日から3連勝とした。これで2日連続4個目の金星獲得となり、日馬富士相手には今年夏場所から3連勝。マイペースな性格ながら、ここ一番で抜群の集中力を放つ31歳が序盤戦の主役となっている。綱獲りの大関・稀勢の里は栃ノ心の渡し込みに屈し、早くも2敗目。全勝は豪栄道、隠岐の海、御嶽海、琴勇輝、千代翔馬の5人となった。

 集中力が研ぎ澄まされた時の隠岐の海ほど怖い力士はいない。「あれで負けるパターンが多かったので、自分も少し右にね」と立ち合いでやや左に動いてきた日馬富士の動きを見事に見破り「(体勢が)五分になった」。左を差して半身となったが、冷静に右の巻き替えに成功。もろ差しで横綱の攻めを回り込んでしのぐと、最後は体を寄せながら覆いかぶさるようにして倒れ込んだ。

 取組前の支度部屋から右斜めに走るすり足を繰り返すなど対策は十分。そして結び前の「鶴竜―嘉風」戦の取組を土俵下から見つめた際には「嘉風関がいい相撲を取って、自分もいい相撲を取らないと、と思うと気が抜けた」と精神状態は完璧ではなかったが、いざ結びの土俵に上がると「集中できた」とマイペースさと切り替えの早さは角界随一だ。初日に綱獲りの稀勢の里を破り、2日目から2日連続で金星を獲得。これで日馬富士には夏場所から3連勝となり「お客さんが沸いてくれて良かったです」と満足げに振り返った。

 プライベートでも行動を共にすることが多い幕内最年長の豪風は「稽古嫌いと言われているけど、やるときはかなりやる。すさまじい集中力」と分析。過密日程だった夏巡業中はケガもあって朝稽古でほぼ土俵に上がることはなかったが「自分なりの調整をした」と番付発表後に尾車部屋に出稽古して体を仕上げた。自らの性格を客観的に見つめることができるのがこの力士の強みである。

 3日間で懸賞は幕内トップの96本(手取り288万円)まで伸び「記憶にない」と笑った。報道陣から今場所の主役ですね?と問われると「そうっすね」と反射的に答えたが、すぐに「いや、そうっすねじゃないです」と訂正。「自分は挑戦者。負けて当たり前。負けても文句は言われない」。白鵬不在の場所で31歳の勝負師が大暴れの予感だ。

最終更新:9月14日(水)19時6分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]