ここから本文です

JRA、米G1ケンタッキーダービー出走馬選定シリーズ創設

デイリースポーツ 9/14(水) 6:04配信

 JRAは13日、ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」を創設したと発表した。

 チャーチルダウンズ社との提携によるもので、日本馬を対象に、カトレア賞(11月26日・東京)、ヒヤシンスS(17年第1回東京競馬予定)の2競走において、上位4着馬までにポイントを付与。合計ポイント最上位の馬が本番のケンタッキーダービー・米G1(チャーチルダウンズ、17年5月6日)出走権を得られる。

 今年はラニ(牡3歳、栗東・松永幹)がUAEダービーを勝って出走権を獲得し、米三冠に挑戦したが、門戸が広がったことで、日本馬の米国遠征は一層盛んになるかもしれない。チャーチルダウンズ社のビル・マッド最高業務執行責任者は「今回のパートナーシップによって、ケンタッキーダービーが国際的にも、より注目されるようになることを願ってやみません」と期待を寄せた。

最終更新:9/14(水) 7:32

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。