ここから本文です

CLで負傷交代のフンメルス、大事には至らず「何の問題もない」

GOAL 9月14日(水)20時41分配信

14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグ第1節でバイエルン・ミュンヘンはロストフと対戦し、5-0で勝利した。バイエルンのDFマッツ・フンメルスが負傷交代していたが、大事には至らなかったようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。

フンメルスはCBの一角としてロストフ戦に先発出場。前半終了間際にコーナーキックからヘディングでシュートを試みた際、相手DFの足が顔面に当たり、悶絶。後半開始直後にDFフアン・ベルナトと交代し、ピッチを後にしている。

試合後、カルロ・アンチェロッティ監督は「リスクを冒すつもりはない。彼には休みを与えるよ」と話し、次戦以降の欠場を示唆していた。しかし、MRIの結果、軽い打撲で済んだようで、週末のインゴルシュタット戦に出場できる見込みだという。

フンメルス本人もロストフ戦の翌朝、ツイッターを更新し、「小さな傷を除けば、何の問題もないよ」と自身の写真とともにつぶやいている。DFジェローム・ボアテングが離脱中のバイエルン守備陣にとって、朗報となりそうだ。

GOAL

最終更新:9月14日(水)20時41分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]