ここから本文です

国際赤十字社、水害の北朝鮮に支援金52万ドル投入

WoW!Korea 9月14日(水)11時55分配信

国際赤十字社が豪雨で大きな被害をこうむった北朝鮮・咸鏡北道(ハムギョンブクド)の水害民に52万ドル(約5800万円)の特別予算を投じた。アメリカの声(VOA)が14日、報道した。

 国際赤十字社は13日に発表した報告書で「災難救護緊急基金」を使用し、北朝鮮で水害に遭った5000世帯、2万人を直ちに支援することを明らかにした。

 国際赤十字社は救援物資をすでに分配し始めたとし、今後6か月間の支援を継続すると説明した。支援は最も脆弱な階層に提供される。

 国際赤十字社の報告書によると、先月29日~31日に降った豪雨で、咸鏡北道、会寧市(フェリョンシ)、茂山郡(ムサングン)、延社郡(ヨンサグン)、清津市(チョンジンシ)、金策市(キムチェクシ)、漁郎郡(オラングン)、鏡城郡(キョンソングン)、吉州郡(キルジュグン)、羅先市(ラソンシ)が最も大きい洪水被害をこうむった。

最終更新:9月14日(水)11時55分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。