ここから本文です

北朝鮮メディア 朴大統領の似顔絵描いた的を公開

聯合ニュース 9月14日(水)12時35分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会の韓国向け宣伝サイト「わが民族同士テレビ」は14日、「われわれの最高尊厳を逆なでした朴槿恵(パク・クネ)逆賊は民族の厳しい審判を免れることはない」と題した動画を公開した。

 3分ほどの動画には小銃を抱えた兵士が登場し、悪意を持って描かれた朴大統領の似顔絵を指差し、「この的紙は私が作った」と話した。

 この的紙には数十か所の銃弾の跡がある。

 兵士は「民族の敵に転落した魔女、われわれの太陽(金正恩、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長)にこぶしを振り上げた狂信者の頭に今日、命中弾を浴びせた」と主張した。

 北朝鮮がこうした動画を公開した背景には、朴大統領が金党委員長を批判していることを口実に住民の対南、対米敵がい心をあおり、制裁による住民の不満の矛先を外部に向け内部結束を強める狙いがあるとみられる。

最終更新:9月14日(水)13時37分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。