ここから本文です

レスリング協会・福田会長 国民栄誉賞2人目の快挙に「神がかり的」

デイリースポーツ 9月14日(水)6時5分配信

 リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(32)=ALSOK=が13日、国民栄誉賞受賞が決まったことを受けて、都内で会見を行った。レスリング界での受賞は2012年の吉田沙保里以来2人目。

【写真】伊調 ℃-ute武道館ライブに登場

 会見に同席した日本協会の福田富昭会長(74)も「レスリングから2人も国民栄誉賞が出るなんて、なかなかないことだし神がかり的」と祝福した。「三重には(吉田の名前をもじったスポーツ施設の)『サオリーナ』ができるらしいけど、八戸も“カオリーナ”ができるんじゃないの」と上機嫌。伊調の今後に向けては「体がボロボロだと思うので、まずはゆっくり休んでほしい」と話した。

最終更新:9月14日(水)7時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]