ここから本文です

28日に政経懇話会 青山学院大教授会田氏が講演

福島民報 9月14日(水)11時38分配信

 福島政経懇話会(会長・内堀雅雄知事)の第261回例会は28日午後2時から福島市太田町の民報ビルで開かれます。 
 講師に共同通信社客員論説委員で青山学院大教授の会田弘継(あいだ・ひろつぐ)氏(64)を招きます。演題は「米大統領選と世界・日本-『トランプ現象』の意味」です。 
 会田氏は昭和51(1976)年に共同通信社に入社。ワシントン支局記者、ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任し、海外での取材経験が豊富です。アメリカ研究振興会理事も務め、アメリカ政治の分析に定評があります。 
 埼玉県生まれ。東京外語大英米語科卒。主な著書に「追跡・アメリカの思想家たち」「戦争を始めるのは誰か」「トランプ現象とアメリカ保守思想-崩れ落ちる理想国家」などがあります。 
 会員以外の参加も受け付けます(有料)。 
 問い合わせは福島政経懇話会事務局(福島民報社論説委員会)へ。 
   ◇  ◇ 
 福島政経懇話会は会員を募っています。年数回、例会を開き、機関誌を毎週お届けします。問い合わせ、申し込みは事務局へ。 

福島民報社

最終更新:9月14日(水)12時8分

福島民報