ここから本文です

<パラ車いすテニス>上地3位決定戦へ 女子単

毎日新聞 9月14日(水)10時44分配信

 【リオデジャネイロ長田舞子】リオデジャネイロ・パラリンピック第7日は13日、車いすテニスの男子シングルス準々決勝で、大会3連覇を狙った第6シードの国枝慎吾(32)=ユニクロ=が、第2シードのヨアキム・ジェラール(27)=ベルギー=に3-6、3-6でストレート負けした。女子シングルス準決勝は、第2シードの上地結衣(22)=エイベックス=が第4シードのアニク・ファンクート(26)=オランダ=に3-6、6-4、5-7で競り負け、3位決定戦に回った。

【別カット】ショットを放つ上地結衣

 競泳は男子50メートル自由形(運動機能障害S9)の山田拓朗(25)=NTTドコモ=が26秒00で銅メダルを獲得した。100メートル平泳ぎ(視覚障害SB11)で木村敬一(26)=東京ガス=は1分12秒88で銅メダル。前日の50メートル自由形の銀メダルに続いて今大会2個目のメダルを手にした。陸上男子400メートル(車いすT52)では、昨年の世界選手権覇者の佐藤友祈(27)=WORLD-AC=が58秒88で銀メダルを獲得した。

最終更新:9月14日(水)14時39分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]