ここから本文です

【楽天】星野副会長が茂木の新人王獲得に太鼓判…パ野手18年ぶり快挙なるか?

スポーツ報知 9月14日(水)6時7分配信

 楽天の星野仙一球団副会長(69)が13日、ドラフト3位・茂木栄五郎内野手(22)の新人王獲得に太鼓判を押した。「6番・遊撃」で球団初の新人開幕スタメンに名を連ねた若武者は、ここまで101試合に出場、チームトップの打率2割8分3厘、6本塁打、36打点、10盗塁。「他にどこに(新人王候補が)いるんだ。規定打席に乗ったやつが。外野手とショートでは(重みが)違う。けががあったとはいえ、シーズンを通して出続けている」と持論を展開。「茂木が取るべきだ!」と言わんばかりの猛アピールだ。

 ライバルには9勝を挙げている3年目の日本ハム・高梨がいるが、一方の茂木は“正真正銘”の新人。パ・リーグで野手の新人王となれば98年の小関(西武)以来18年ぶり。遊撃手に限れば97年の小坂(ロッテ)以来で過去3人しかいない。

 この日のソフトバンク戦(コボスタ)が中止となり、完全休養となった茂木は「今は意識していない。シーズンが終わってからのこと」と無欲の姿勢を強調。闘将の熱い思いを胸に刻み、一生に一度のチャンスをつかむつもりだ。

(長井 毅)

最終更新:9月14日(水)10時4分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。